日本政府観光局(JNTO)中国市場アドバイザー就任のお知らせ

一般社団法人日中ツーリズムビジネス協会(CJTC)の代表理事ならびにENtrance株式会社(本社:東京都新宿区)の代表取締役である王璇が、2021年4月1日より日本政府観光局(JNTO:Japan National Tourism Organization、正式名称:独立行政法人 国際観光振興機構)の中国市場アドバイザーに就任いたしました。

■日本政府観光局とは
東京オリンピックが開催された1964年、日本の政府観光局として産声をあげ、50年間にわたって訪日外国人旅行者の誘致に取り組んできた日本の公的な専門機関です。世界の主要都市に海外事務所を持ち、日本へのインバウンド・ツーリズム(外国人の訪日旅行)のプロモーションやマーケティングを行っています。
日本政府観光局Webサイト:https://www.jnto.go.jp/

■王璇からのメッセージ
コロナウィルスの影響でインバウンド市場は危機的な状況に置かれており、Afterコロナに向けて市場の回復には、中国マーケットの取り組みが重要なカギとなります。
中国出境游研究所(COTRI)の最新発表では、2021年の中国人出国者数が1億人に回復し、2022年に過去最多の1億8000万人に達すると分析されています。
これから、日本の観光・インバウンド事業者は、観光再開に向けた準備を始める必要があります。
しかし、日々多様化する中国人旅行者のニーズ、それに伴うマーケティング手法、そして変貌する中国旅行会社の商品流通プロセスなど、今までのやり方だけだと通用しないことが多いでしょう。
2021年度は、改めて客観的に中国マーケットを理解し、向き合い、新しいアクションが求められています。
JNTOの中国市場アドバイザーとして、真のパートナーとして、これまで日中観光最前線で立ち学んだ経験を生かし、一緒に新しい時代に向けて市場を切り拓いて行きたいと思います。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です